稲迫 大樹

広島本社 営業部

いなさこ だいき

稲迫 大樹

主な仕事
電話アプローチや企業訪問などを中心とした営業活動。
プロフィール
広島県出身。テレビ局などでカメラアシスタントの派遣業務を経験後、入社。趣味はフットサル。
稲迫 大樹 稲迫 大樹 稲迫 大樹

広告の提案力を磨くには普段からの心がけが大切。 いつか大きなムーブメントにつながるCMを作りたい。

 もともと映像やCMなどの世界に興味があり、そこに関われるような仕事ができたらいいなと思ってテレビ局などでカメラアシスタントの仕事に携わっていました。そんなときに目にした当社の求人に興味を惹かれて応募。入社してからは広告営業の仕事に就きましたが、自分が関わった広告が実際に掲出されているのを見ると感動しますし、通りすがりの方が立ち止まって見てくれているときはうれしさが込み上げますね。また、新聞折り込みのチラシで多くの反響をいただいたり、クライアントから「問い合わせが多かったよ」などという言葉をかけていただくと仕事の手ごたえを感じます。もちろん、思うような結果を得られないこともありますが、その反省を生かしながらお客様とともに次の新たな広告展開を考えるようにしています。
 当社は広告の一次代理店として扱える媒体の種類が多く、テレビやラジオ、車体、Webなどさまざまな広告媒体を提案できるのが強みです。私は現在、バスなどの車体を媒体とした交通広告をメインに担当していて、今までとは違った業種のお客様への営業活動が多いのですが、契約に結びついたときはやはり喜びが大きいですね。的確な広告提案を行うために、目的やターゲット客層などクライアントの意見をしっかりヒアリングすることを心がけるのはもちろん、元気よくハキハキと話すことも大切にしています。お客様からいただく「広告を出して良かった」という言葉は何よりありがたいもので、次の仕事への大きなモチベーションにつながっています。
 お客様に満足していただける仕事をするため、普段からの心がけとしてはさまざまなテレビCMや、多くの人が行き交う駅などに掲出されている看板のデザインを意識して見たり、ラジオCMに聞き耳を立てるといったことでしょうか。そうすることで広告の提案力を磨きながら、お客様に喜んでいただけるように努力していきたいです。同時に、一般ユーザーの皆さんが見ておもしろいと思えるようなCMや広告をつくっていきたいですね。それが大きな話題になるようなムーブメントにつながれば最高です。

 採用情報 ▶