社長メッセージ

社長挨拶

一歩先の社会を読むパートナーとして
新しい価値の提案を

戦後70年が過ぎここ広島は、復興のシンボルでもある広島東洋カープとともにまちは栄え、活気に満ち溢れています。そんな中、バブル崩壊やリーマンショックなど金融危機以降、消費者の購買行動は変わり、人々の価値観そのものも変化しています。
一方で、インターネットやスマートフォンなどのデジタルメディアが急速に発展し、それによって人々の生活スタイルやコミュニケーション手法が変わり、そこから新しいニーズが生まれ、それとともにメディアへの接し方も大きく変化しています。
少子高齢化がすすむ現代、私たちは、新しいトレンドや多様化したニーズを的確に読み取り、最も効果的かつ効率的にターゲットユーザーに伝えていくことが求められています。あらゆるメディアを統合的にとらえ、個人が創造する「戦略」「アイデア」「クリエイティブ」こそが私たちの価値になると考えています。
地元を中心とする様々なクライアントに対し、私たちが今まで培ってきたノウハウや、知識・経験を活かしながら、MEISENSHAスピリットを大切にし、最適なサービスを提供することを目指してまいります。皆様のより一層のご支援とご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

株式会社 明宣社
代表取締役社長

金 本 明 三